2006年11月14日

各機種の検討(Y)

さて、いよいよ(?)現在発売中のデジタル一眼レフカメラを検討してみたい。
が、その前に、昨日の記事の補足として、犬の撮影時に影響を及ぼしそうなデジ一その他の機能についても若干の検討をしてみた。

★その他の機能
1 手ブレ補正
 望遠ズームで撮影する時や、暗い室内では手振れしやすいので、特に初者にとっては重宝しそうな機能である。
 カメラ本体についているタイプとレンズについているものに分かれる。
 カメラ本体についているほうが何かと便利で使い勝手がよさそうだ。

2 ゴミ対策
 難しい理屈はおいといて、デジ一はカメラ内部にゴミがひっつきやすく、撮影した画像に写りこんでしまうことがあるらしい。
 ゴミがひっつかないような設計、ひっついたゴミを振るい落とす機能など、ゴミ対策を施しているカメラもある。
 当然、ないよりはあったほうがいい機能だ。


それでは、各種デジ一の比較検討結果をどうぞ。(順序は検討順)

T CANON EOS30D 実売価格:12〜13万円

B000EQ5HL2.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V1141023675_.JPG

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 30D レンズキット EF-S18-55mm USMをAmazonでチェック

 本体価格はやや高いが、秒間5枚という連写速度を誇るCANONの中級機。
 AIサーボAFという、動く物にあわせてピントを合わせてくれる機能を持ち、高感度撮影にも強いという、まさに犬撮りにはうってつけのカメラ。
 ネックは重量が重いこと(700g)と、レンズ選びか。

U NIKON D80 実売価格:10〜11万円

B000HJWEKS.01._SS400_SCLZZZZZZZ_V60607389_.JPG

Nikon デジタル一眼レフ D80 ボディ単体をAmazonでチェック

 最近発売されたNIKONのエントリー機。
 連写性能は秒間3枚と、ごく一般的な性能であり、動く物に対してもピントを合わせてくれる機能を持ち合わせているが、↑のEOS30Dとの価格差がそれほど大きくないので、単純なカメラの性能では不利は否めない。
 ただ、ファインダーが見やすいとの評判が高く、さらにはキラーレンズを持ち合わせている。

V PENTAX K10D 予想実売価格:11〜12万円

B000ILZGOQ.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V40637901_.jpg

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K10D ボディをAmazonでチェック

 11月30日発売予定の新しいデジ一。
 前評判がかなり高いようなので、気になっている。
 何よりも、EOS30DD80が持ち合わせていないゴミ防止機能と本体手ブレ補正機能を持ち合わせているのが素晴らしい。
 ただ、CANONやNIKONに比べると動く物を撮影するのにはあまり向いていないらしい。
 さらに、ここもレンズ選びが難しい。

W CANON EOS Kiss Degital X 実売価格:7〜8万円

B000I2J2U4.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V59206944_.jpg

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss デジタル X ボディ本体 ブラックをAmazonでチェック

 これも最近発売された新機種。
 先に同じCANON製のEOS30Dが目に留まったのであまりよく調べていなかったりする。
 価格が安い割には、ゴミ防止機能がついており、高感度撮影にも強いらしい。
 重量が軽いのも持ち運びには便利。
 ただ、ファインダーは小さく、あまり見やすいとはいえないようだ。
 この点、走る犬を撮影するのには不利な気がする。

X NIKON D200 実売価格:15〜16万円

B000BY4A3S.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V1130918959_.JPG

Nikon デジタル一眼レフカメラ D200 ボディ本体をAmazonでチェック

 秒間5枚の連写速度を有するNIKONの中級機。
 高感度には向いていないようだが、レンズとの組み合わせを考えると、個人的には、10万円台で購入できるデジ一として犬撮り最強だと思う。
 ただし、高い。
 ここまではとても出せないので却下。

Y PENTAX K100D 実売価格:6〜7万円

B000FU6L12.01._SS400_SCLZZZZZZZ_V66799410_.jpg

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K100D ボディ単体をAmazonでチェック

 安かろう悪かろうではなく、案外カメラとしての評価は高い。
 ただ、連写性能が他の機種に比べて著しく劣る。
 なので、犬撮りには不向きなカメラとして却下。

以上が、独りよがりな検討結果である。

本体だけなら「EOS30D」が第一候補であるが・・・、デジ一はレンズと組み合わせて初めて撮影できるので、犬撮りに最適と思われるレンズを検討しなくてはいけない。
そんなわけで、(多分)次回はレンズについて。


posted by 飼い主Y at 02:21| Comment(3) | TrackBack(0) | デジタル一眼レフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。