2007年04月10日

ステレオかサラウンドか、それが問題だ。

薄型テレビに音声サラウンドシステムを組み、まるで映画館にいるような気分でDVDを観る。
そして時には心地いい音でCDを聴く。

こんな生活はとても理想的だし、同じスピーカー、同じ機械を使うことができれば、なんとか家のスペースを確保できるのではないかと思ったことがあった。
しかし、現実はそう甘くない。
サラウンド用のスピーカーは一般的に小型だし、スピーカーを鳴らすアンプという機械も、サラウンド用のモノで音楽を流すと、ウチのミニコンポより遥かに聴きづらい音しか出ないのである。

もちろん、お金さえあれば、大きなスピーカーを並べ、高価なアンプを導入すれば、いい音楽も聴けるのだろうけれど、そのためには何十万、場合によっては何百万というお金が必要だ。
もちろん、そんなお金はないので、映画か音楽、どちらかを諦めなくてはならない。

その結果、散々悩んだ挙句、音楽を優先することにした。
映画用だとスピーカーが5つ以上必要だし、そこそこの音を出そうとすると、アンプの値段も高くなる。
それに比べて、音楽用だとスピーカーは2つで済むし、アンプもサラウンド用よりは安く済みそうである。
また、音楽用のスピーカーをテレビ用として使用しても、あまり違和感はない。いやむしろ、テレビのスピーカーより音はよくなると思われる。

そんな検討をしているうちに新たに購入したテレビボードが届いた。
結構大きなタイプを購入したので、テレビを置いても両サイドに物を置けるだけのスペースがある。
ここにスピーカーを置けば、過去に検討してきた背の高いタイプのスピーカーではなく、背の低い、棚に置くようなタイプのものでも使えるのではないだろうか。
そんな思いがむくむくと心の中で頭を持ち上げ、再びスピーカー探しの旅が始まったのである。

つづく


posted by 飼い主Y at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。